ログイン名 パスワード   [ 新規登録の方はこちら]

サイト内検索
メインメニュー
  
投稿者 : ayaka 投稿日時: 2014-03-01 16:39:39 (502 ヒット)

第1回中華コスプレアジア大会(2日目)


大会2日目、朝から小雨模様だったものの、受付が始まったころから雨もやみ、ちょっと肌寒いものの撮影日和となりました。

2日目は中華コスプレコンテストと海外プレイヤーによるエキシビションが行われます。

<撮影2日目>



撮影2日目、ほとんどのコスプレイヤーさんは、初日の衣装と2日目の衣装を持ってきています。
それどころか、2着、3着と持ってきている人もいます。

三国志、三国無双、西遊記、彩雲記といったアニメ、小説の主人公になりきります。

<コンテスト>

アジア大会のコンテストが始まりました。



中華コスプレ日本大会は、今回で5回目を迎えます。
この第1回目のコンテストから毎回参加いただいているメンバーもいます。
常連メンバーさんの技や演技は毎年重ねるたびに磨きがかかってきます。



アジア大会ということで、今回のコンテストには、韓国、中国からのコスプレイヤーさんも参加します。
中国から来た浮生家族のチームは、4〜5人のチームに分かれて参加。
さすがに舞台慣れもしていて、アクション、立ち回りも見事でした。
びっくりしたのは、中国「書道組」というチーム。筆や硯を持って登場、立ち回りをしながら、書道をするというコンビネーション。これまた見事でした。



優秀賞5万円 グランプリに輝いたのは、やはり・・・中国「書道組」でした。
日本に来て、栄誉な賞をいただき光栄です。とリーダーがコメントされていました。
衣装賞、パフォーマンス賞、ユーモア賞、審査員特別賞、その他スポンサー賞と参加したコスプレイヤーさん皆さん賞を持って帰っていただきました。おめでとうございます。



予定どおり!飛び入り参加!!鳥取県平井知事さんの登場です。中国衣装が決まっています。
海外プレイヤー・日本のレイヤーさんへ鳥取県を代表して、見所を紹介していただきました。ありがとうございます。
右写真は、中華コスプレプロジェクト代表のF氏。

<エキシビション>

午後から燕趙園の正門前をステージにして、エキジシビションが始まりました。
正門前にはいつの間にか数百人の観客でいっぱいになりました。



初めて見る中国のエキシビションに歓声が上がります。立ち回りや戦いのシーン、剣さばきなど見事でした。
司会進行役のO氏もだんだん慣れてきて、アドリブバシバシ。シナリオのない?進行で楽しいショーになりました。


<おまけ>
当日はあやめ市が同じく正門の前で開かれてました。
肌寒いところ、いいもの見つけた。”三朝温泉の足湯”。気持ちよかぁぁ。鳥取を満喫極楽。極楽。


◆初日の模様はこちらです。

◆大会の詳細・過去の大会の様子はこちらでご覧になれます。
中華コスプレプロジェクト公式ホームページ⇒ http://china-cos.net/


鳥〜みんぐでは、中華コスプレ大会に関する写真の販売は致しません。
鳥〜みんぐでは、中華コスプレに関する写真販売は一切致しません。写真の掲載は本人の確認をいただき、掲載をしています。

投稿者 : ayaka 投稿日時: 2014-03-01 16:39:13 (725 ヒット)

第1回中華コスプレアジア大会(初日)


2008年10月25日、26日、鳥取県湯梨浜町にある、国内最大級の中国庭園!燕趙園!(えんちょうえん)で中華コスプレアジア大会が開催されました。
今回は中国・韓国からのコスプレイヤーさん14人をお招きするとあって、案内ボードも3ヶ国語で案内がされていました。
朝9時受付がはじまり、全国から参加者が続々と集まり、撮影がはじまりました。



<初日のエキシビション>
両日海外参加プレイヤーのチームによるエキシビションが開催されました。
初日は園内で開催され、燕趙園の舞台前は、たくさんの観衆で埋め尽くされました。
中国のコスプレイヤーさんは、京劇の披露から、剣のさばき、立ち回りととってもかっこよくきまってます。
日々こういった剣さばきの練習をしているそうです。日本からの影響もあるそうです。
三国志、彩雲記、西遊記などといったコスプレは日本と同じです。とってもカラフルです。



<交流会・歓迎会>
この大会の楽しみのひとつ、そう交流会です。交流会参加人数は、いままでない過去最高人数でした。
国内外からのコスプレイヤーさん、鳥取県からはF議員さんも!そして湯梨浜町から関係者、スタッフ、そして通訳さんも、すっごい数で盛り上がりました。


ワイワイ和やかな中、ビンゴゲームで盛り上がりました。


<夜間撮影会>
交流会の後、参加者特典として、燕趙園の夜間撮影が待ってます。
ちょっと寒い中それでも夜間撮影は、昼間と違った雰囲気で撮影できるとあって、注目の的です。



燕趙園のライトアップ夜景は、とても絵になります。でも夜間撮影はとても難しいです。



ISO感度を上げずに、キレイに撮影したいので、シャッターを5秒開放します。
しばしの間止まっていてくださいね。ノイズもなく雰囲気がでました。


これで初日は終了です。寒い中お疲れ様でした。

◆2日目の模様はこちらから

◆大会の詳細・過去の大会の様子はこちらでご覧になれます。
中華コスプレプロジェクト公式ホームページ⇒ http://china-cos.net/



鳥〜みんぐでは、中華コスプレ大会に関する写真の販売は致しません。
鳥〜みんぐでは、中華コスプレに関する写真販売は一切致しません。写真の掲載は本人の確認をいただき、掲載をしています。
写真の削除が必要な場合には、ご連絡いただければ、削除いたします。

投稿者 : ayaka 投稿日時: 2014-03-01 16:39:08 (988 ヒット)

08'5月10日(土)・11日(日)
第4回中華コスプレ日本大会


先日、湯梨浜町引地の「中国庭園燕趙園」にて「第4回中華コスプレ日本大会」が開催されました。
既にスペシャルショットはご紹介しておりますが、2日間しっかりと未着したのでレポします。

大会当日1日目(10日)はあいにくの雨模様となりました。
これまでの大会では、風の強い大会当日はありましたが、1日中雨模様というのは初めて、
さてコスプレイヤーの皆さんはどうやってこの大会を楽しむのかな?

<<1日目の昼間↓↓>>



大会は、午前9時に受付を開始。到着した参加者は、受付・更衣室となっている龍鳳閣にて着替えをすませ燕趙園へ移動してこられます。
雨が降っているので屋根のある建物の下を中心に撮影会が始まりました。


と、「雨がふっているので・・・」なんて説明をしましたが、中には「雨にも負けず」でこんな方々も。
思わず見ているこちら側が「あ〜っ、衣装がガガガッ!」と言ってしまいます。


雨の中の園内の様子はというと、いつも以上に屋根の下の狭い空間で密着しているせいか、参加者同士の交流が目立ちました。
もちろん、これまでの大会でも交流は頻繁にされていましたが、今回はそれ以上という感じです。


1日目は皆さんこんな感じで。とりんも思わず名刺交換に熱が入りました。「お名刺いただけますか?」って。
コスプレイヤーの皆さんの中には、名刺を4種類も持っていて、「どれがいいですか?」なんて聞いてくださる方もありました。
前回の夜間撮影時の写真を名刺にされている方もありましたね。

<<1日目の交流会&夜間撮影↓↓>>


交流会は、立食パーティー形式です。
今回、中華コスプレ大会のCOSメニューを特別に作ってくださった「レストラン吉華」さんが交流会の料理も担当。唐揚げが美味しかったそうです。
とりんは食べそこねました。でもその場で作って出来立てを食べれた焼きそばは美味しかった!
他に、山陰KAMIあかりさんのご協力で、会場に燈籠が設置されていました。


今回の交流会は、交流会担当のこだわりで、ステージに張り出しをつくり参加者の中で希望された方がファッションショー形式でステージを歩きます。
ちょっと段差があった為トラブルもありましたが、皆さん気持ちよさそうにウォーキングされていました。
「パッ」とマントをひるがえしたりして・・・。大変盛り上がった交流会となりました。


夜間撮影の模様で〜す。
やっぱり夜になっても雨はやまず、参加者の皆様は、屋根の下での撮影を中心に楽しんでおられました。
しかし、園内の照明を旨く使いながら、雰囲気のある写真を演出される姿勢には感心感心。とっても勉強になります。

<<2日目↓↓>>


2日目(11日)天気は何とか回復?
朝、ポツンポツンと雨を感じましたが、次第に晴れてきました。
風は強かったものの昨日の撮影不足を補う為に皆さん撮影に大忙し。


一般のお客様も交えての交流もアチコチで見られました。コンテストを前にテンテンとフェイフェイも登場です。
やっぱりいつも人気があります。テンテンとフェイフェイの座っている姿の写真って、ちょっと珍しいですよね。

<<2日目★コンテスト★↓↓>>


2日目11時より始まった「中華コスプレコンテスト」は8組のチームが出場!
これまで以上の皆さんのアピール度の高さに驚き、また爆笑しました。
右上の写真は、先日湯梨浜町へ「ふるさと納税」の申出をしてくださったチーム裏天竺のまりこさんを含む「ふるさと戦隊のうぜいレンジャー」。
今大会で結成されたとは思えない掛け合いと「湯梨浜町にふるさと納税をしましょう」との掛け声に会場は盛り上がっていました。


コンテストのパフォーマンスが終了し、審査集計をしている間、地元の「華華(ホワホワ)倶楽部」による太極拳(体操かな?)。
ステージや観覧席で身体を動かす方が思った以上に大勢いました。好評です!
では、各賞を発表された順にご紹介しましょう・・・

★★審査員特別賞:だんな一座!!
大会出場皆勤賞のチームです。娘さんの成長振りを大会関係者、参加者が楽しみにしています。「ゴクウ、2サイ」といえるようになってました。


★★ユーモア賞:彩麒麟(あやきりん)
★★パフォーマンス賞:趙雲(ちょううん)殿の嫁になり隊

オリジナルの劇や中国語の歌で楽しませてくれました。参加者の皆さんは毎回思いますが、よくコスプレするモデルの事を勉強されていますよね。


★★衣装賞:kanagata(カナガタ)
kanagataさんは地元鳥取からの出場です。回を重ねるごとに地元の参加者が増えているみたいでとても嬉しいですね。
ちなみに、だんな一座!!さんも地元鳥取県です。

★★準グランプリ:シジミの誓い
毎回どこかで東郷湖産のシジミのネタがでてきますね。愛されているシジミです!


★★★グランプリ:我龍転生(がりゅうてんせい)
そして、いよいよグランプリ!聞くところによると右側の方の衣装は16万円とか17万円とか・・・。
今回の旅費を合わせると20万円もの費用をかけての参加。本当に頭が下がりっぱなしです。
パフォーマンスの時にとっても良い声をされていたので後で聞いてみると「声優のたまごですから」との返事「納得!納得!」
[大きな写真を見たい方はこちらへ]

<<次回アジア大会の予告↓↓>>


次回、アジア大会は、08’10月25日(土)・26日(日)
大会代表の古川氏より、次回大会「中華コスプレアジア大会」の紹介がありました。

<<2日目コンテスト後↓↓>>


皆さんが着ている衣装は、ほとんどのものが手作りです。
今どきは、とても軽量な粘土があるそうで、その粘土を使って作り上げた龍の顔や飾り。ロウのようなものでレザーに模様を描いたり。
気に入った柄が無ければ直接自分で布に絵を描いたりするそうです。コンテスト優勝者の衣装にも、とても立派な虎が描かれていました。

衣装は、ゲーム画面を見たり雑誌を見たり、材質まではなかなかわからないらしく
創造して作り上げていく衣装は作り手によって違いがあるもののどれもこだわりぬかれたできばえで、お話を聞いていると驚く事ばかりです。


次回大会は、もっと多くの方に参加していただき、また地元の皆さんにも燕趙園に直接に見来ていただきたいと思います。


大会中、取材にご協力いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。
         END




◆中華コスプレプロジェクト公式ホームページはこちら
http://china-cos.net/

■第4回中華コスプレ日本大会のスペシャルショットを掲載
■毎日JP掲載記事
■日本海新聞Web掲載
■ブラり☆ゆりはまブログ


(注:この記事へ掲載しております写真は、撮影者の意向により販売対象外です。)
鳥〜みんぐでは、中華コスプレ大会に関する写真の販売は致しません。
鳥〜みんぐでは、中華コスプレに関する写真販売は一切致しません。写真の掲載は本人の確認をいただき、掲載をしています。

投稿者 : ayaka 投稿日時: 2014-03-01 16:38:12 (1061 ヒット)
5月10日、11日と行われた第4回中華コスプレ日本大会メイン会場は鳥取県湯梨浜町の誇る中国庭園 燕趙園です。
初日は撮影会と懇親会、2日目は撮影と中華コスプレコンテストです。
鳥〜みんぐも密着取材を敢行!その内容は次回をお楽しみに!
まずは、スペシャルショットの数々です。


↑こちらが中華コスプレ大会コンテスト グランプリに輝いたチーム「我龍転生」さんです。


この大会も4回目となると、毎回かならず参加しているレイヤーさんもいます。
そして参加した人からの口コミでさらに新しいレイヤーも訪れています。
この燕趙園のロケーションが大好きです!なによりもスタッフの方々が親切でこの大会が気に入っています。と話してくれました。
今回はお友達を誘い合っての参加です。


みなさんは、三国無双、三国志、三国大戦、西遊記等のキャラの扮しての登場!見事に決まってますね。


大会関係者の息子さん!スタッフでがんばってます。↑↑


大会は北海道から九州、石川県、新潟県、東京、埼玉、茨城県、三重県、広島県、
兵庫県、岡山県、徳島県、大阪府、神奈川県、群馬県、徳島県・・・・本当に全国から集まってくれました。


コンテストは毎回アットホームな雰囲気が漂います。
グランプリは賞金5万円、レイヤーさんのパフォーマンスが続きます。


大会を盛り上げてくれた、おなじみ湯梨浜町 観光大使でもあるチーム裏天竺のみなさん、1人かわいいメンバーが増えました!!
大会の司会から運営まで本当にお疲れ様でした。コンテストの結果、密着取材についてはまた、後日掲載しますね。


◆中華コスプレプロジェクト公式ホームページはこちら
http://china-cos.net/

■毎日JP掲載記事
■日本海新聞Web掲載
■ブラり☆ゆりはまブログ

投稿者 : ayaka 投稿日時: 2014-03-01 14:10:58 (1024 ヒット)
2007第3回中華コスプレ日本大会 2日間密着!!


先日、23日1日目の様子を早々とご報告いたしましたが、その後、1日目後半のコスプレコンテストの様子と、
夜の交流会、はたまた2日目の様子となぜがコスプレイヤーも参加の慰労会の様子をご紹介いたしましょう。


  

スタッフ、ボランティア、朝8時集合。当日の打ち合わせが始まります。
早いレイヤーさんは、8時半には到着!!皆さんの意気込みが感じられます。
到着したレイヤーの皆さんは、早速更衣室へ移動し衣装に着替えます。

園内に入ると、早々に写真撮影開始です。
午前中の、燕趙園庭園内は、一般の観光客も多く、観光バスが10台近く入るような込み具合となりました。
(コンテストまでの様子は、コチラ



コンテスト開始。会場内は、沢山のお客様。これまでには余り見かけなかった学生さんの姿も見受けられます。
今回は、報道での紹介もいろいろとありましたので県外からのカメラマンもチラホラといらっしゃいます。
コンテストは6チームで争われ、常連のちっちゃな孫悟空さん。またまた商品をゲットしていました。
以下の写真は、5位から順に1位まで。

  

  
1位は、ペンドラゴンさん。漢字で書くと「筆龍」と書くそうです。

コンテストの最後、二人のジャージを着た女性が舞台へ呼ばれました。
「コスプレ部」設立?
大会代表の古川氏より「コスプレ部員募集」が呼びかけられました。沢山の方のご参加をお待ちしております。

コンテスト中、レイヤーさんの姿がまばらだな〜と思っていました・・・。
聞いてみると、コンテスト最中には既に日が暮れてくる→そして園内の人はコンテストを見に行かれる。そうです、撮影チャンス!!
見当たらないレイヤーさんたちは、なんと撮影をされていたのです。

そしてコンテスト終了後の交流会です。↓↓↓



参加者もこれまで最多。スタッフを合わせると100名もいたのでしょうか?
交流会開催の挨拶、乾杯をするとバイキング形式の料理はあっという間に空っぽ状態。
次々と出てくる料理も一日中撮影に夢中になっていたレイヤーの皆さんのお腹の中へ吸い込まれていきます。
「皆さん、お腹いっぱいになりましたか?」




1日目最後は、今回初の試みとなった「夜の撮影会」です。
ライトアップされた燕趙園園内では、あちらこちらでフラッシュのヒカリが輝きます。
昼間とは違ったとっておきの写真が出来上がるのが楽しみですね。

夜の撮影でのご注意!三脚をお忘れなく!!
夜の撮影中によく聞かれた言葉が、「三脚持ってくればよかった〜」でした。


そして、夜の撮影時間を惜しむかのように、ギリギリまで撮影されていたレイヤーさんもお宿へ帰って明日に備えます・・・。



2日目、思わぬ晴天となりました。
週間天気予報では、24日土曜日は曇りのち雨の予報だったでしょうか。
天気予報どおりになると雨模様となるところでしたが、朝は放射冷却でとびっきり寒かったですが、日が昇ると熱いくらいの気温。

朝受付で配られた使い捨てカイロが必要ない(邪魔になる)くらいの暑さとなりました。

そして、昨日に引き続き撮影会が行なわれます。レイヤーさんの中では交流会などで仲良くなられた方たちの交流も順調のよう。

お昼過ぎには、レイヤーさんにとっても24日燕趙園にお越しの観光客の皆さんにとってもサプライズな出来事がありました。



燕趙園の人気者登場!!いーえ違います。もちろんテンテン・フェイフェイも人気者なんですが、今回のサプライズは、なんと幸せいっぱいの新郎新婦登場!!


これはなんという偶然でしょう。これまで第1回、第2回の中華コスプレ大会に地元よりさんかされていた方がお嫁さん!かつて、孫悟空や楊貴妃に扮し参加、今回はウエディングドレスにての参加です。

昨日、挙式が行われ、親しい友人達にも祝って欲しいとのご要望でその願いがかなったお披露目となったようです。

会場では、お嫁さん煎餅?(勝手にこう読んでいましたが・・・)やウエディングケーキが振舞われ、大会に参加していたレイヤーや一般の観光客の皆さんからもおめでとうと声をかけられている新婦は本当に幸せそうでした。

最後に、来年は新郎も一緒に中華コスプレに参加だね・・・なんて声も出ていました。(笑)

その後もギリギリの時間まで撮影はつづき・・・


 
24日夜は、慰労会が開催されました。
第2回の慰労会(反省会)より希望者を募ってレイヤーさんにも参加を頂いている慰労会ですが、お馴染みの顔も多く、何故か交流会以上の盛り上がりとなっていました。

また、第2回大会もコンテストへ参加のショクレンジャーからは、5月に話題となっていたしじみのマスコットが贈呈され、大会代表の古川氏は、「湯梨浜町へきちんとお届けします。」と約束している一場面もありました。(可愛らしいしじみです。お楽しみに!)



大会関係者、参加者の皆様お疲れ様でした。
古川代表からは、来年5月の大会開催の予告もありました。
また、元気な姿を、そして華麗な姿を見せて下さい。
                                    END


◆中華コスプレプロジェクト公式ホームページはこちら
http://china-cos.net/

(注:この記事へ掲載しております写真は、撮影者の意向により販売対象外です。)

« 1 ... 178 179 180 (181) 182 »
Copyright © 2003 -2014 鳥~みんぐ
ホームページの記事、写真の著作権は有限会社 鳥取県情報ネットWeb鳥~みんぐ、又は投稿者に帰属します。
無断転載は一切お断りします。